文学部 2016年 日本史入試問題

皆様こんにちは。

本日は文学部 2016年 日本史入試問題 をご紹介致します。

次の文を読んで、問いに答えなさい。

日本列島に最初期に住み着いた旧石器人類は、概ねヨーロッパのクロマニョン人と同種で現代人の祖型をなすものである。縄文人はその系譜を継ぐと考えられるが、長らく大陸からの影響を受けることなく、多様な自然環境のもとで狩猟採集と漁労生活を送り、そのために物質文化と精神文化において、(a)縄文時代独自の文化・社会を形成することとなった。
縄文人は貝塚や集落跡を残し、縄文中期、後期には( A )と呼ばれる円形の石造モニュメントを構築するなど、旧石器時代とは異なる展開を見せた。本格的な農耕と牧畜を伴わないので、真の「(b)新石器文化」とは言えないが、(c)自然経済に支えられて安定的で豊かな定住生活を営んだと考えられる。未開社会の宗教生活を参考にすると、縄文時代には自然の様々な精霊な先祖霊などを崇拝していたらしく、それに関わる(d)儀礼や祭祀が行われた痕跡が残っている

1.下線 a の説明として誤っているものはどれか。一つ選び、該当する記号をマークしなさい。
ア.地縁・血縁的原理から構成される集団が組織された。
イ.産地が限定される黒曜石やアスファルト、ひすい、琥珀などが交換を通じて流通した。
ウ.優れた土器製作や漆工芸などの技術が発達した。
エ.石器製作や骨角器製作に優れた技術を発揮した。
オ.縄文土器に施される縄目文様は縄文文化の大きな特徴で、縄文時代の終末期には姿を消し、弥生時代には継承されなかった。

2.空欄 A に入る語句を漢字4字で記入しなさい。

3.下線 b の説明として誤っているものはどれか。一つ選び、該当する記号をマークしなさい。
磨製石器が登場した。
武器として青銅器が用いられた。
土器製作が始まった。
植物栽培が開始された。
弓矢が発明された。

4.下線 c の説明として正しいものはどれか。二つ選び、該当する記号をマークしなさい。
ア.主に東日本ではサケ・マスの捕獲と備蓄等にもとづき安定した経済活動を営んだ。
イ.定住生活の今世は大規模集落や長期間の集団墓によって裏付けられる。
ウ.縄文人は季節的に集中する特定の資源に依存せず、芋類の採集に重点化した。
エ.北海道と沖縄では豊かな自然資源に恵まれたため、その後も続縄文文化を継続できた。
オ. クリやドングリなどの堅果類を季節的に利用したが、それは西日本を中心とした。

5.下線 d の説明として正しいものはどれか。二つ選び、該当する記号をマークしなさい。
精神世界に関わる土偶は、その後も継続して古墳時代の埴輪に引き継がれた。
縄文時代の礼儀と祭祀には、呪術師やシャーマンが関与した。
儀礼・祭祀の場で使用された土偶や土版は、縄文時代後期に西日本を中心に製作された。
弥生時代に開花する大陸由来の儀礼と祭祀は、遅くとも縄文時代後期には朝鮮半島を通じて流入していた。
縄文時代後期、晩期の大型住居は集団の儀礼、祭祀のための集会所だと考えられる。

 

 

 

 

解答
1.オ
2.環状列石
3.イ
4.ア・イ
5.イ・オ

 

高校生のみなさんは全問正解できましたか?